オリゴ糖と便秘の関係性

便秘改善便秘改善に効果的と言われているオリゴ糖ですが、そもそもオリゴ糖とは一体どういうものなのでしょうか?甘いイメージなど人によってさまざまなイメージがあるかと思いますが、今回はオリゴ糖とはどういう成分なのかを皆さんにご紹介させていただきます。

まずオリゴ糖とはその名前の通り糖と呼ばれるもので、その糖の中でも糖が数個結合したものをオリゴ糖と言い、2つが結合した二糖類や3つが統合した三糖類、4つが統合した四糖類などがあります。人の健康維持に欠かせないものの一つに腸内細菌があります。オリゴ糖は、胃や小腸で消化液や消化酵素によって消化吸収されることなく、大腸に達してビフィズス菌の栄養素となり、繁殖を促進する効果を持っています。従ってオリゴ糖を摂取する事で腸の働きが促されるため、オリゴ糖は便秘解消にとても効果的な食品と言えるのです。

オリゴ糖は体内に消化、吸収されない特徴があり大腸まで届きます。大腸に届いたオリゴ糖は善玉菌のエサになって、善玉菌の働きが活発になり、活発化したことにより腸の働きが促されます。善玉菌が増えることで腸内の環境を良く保っていると、そもそも便秘にならない体になり、それはいわゆる便秘の予防にもつながります。そして便秘予防だけでなく、腸内環境が良好になるので便の臭いも軽減されていくという効果も期待できます。またオリゴ糖のほとんどは、食べ物に含まれている成分なので、安全性が高く、便秘になりやすいと言われる赤ちゃんや妊婦さんでも、安全に摂取することができます。