未分類

便秘のメカニズム

メカニズム女性や赤ちゃんに多い便秘ですが、便秘解消にはヨーグルトやオリゴ糖を摂取したりして腸の働きを促し、便秘改善や便秘予防をしている人も多いと思います。しかし、そもそも便秘になってしまうメカニズムをみなさんは知っていますでしょうか?予めこの便秘のメカニズムを知っておくことで、少なからず今までよりは便秘になりにくい生活を送ることができますので、今回はこの便秘についてみなさんにご紹介させていただきます。

まず便秘と一言で言っても便秘にもいろいろな種類があるのです。その便秘の種類の中で日本人が最も多いのは腸の運動が鈍ることで起こる弛緩性便秘と呼ばれる便秘です。正常な方であれば大腸の中にある便の腸が動く蠕動運動によって便が押し出されるのですが、弛緩性便秘の方はその蠕動運動自体が弱まってしまうというものなので、便が出にくくなるのです。それではなぜこの蠕動運動が弱まってしまうのか、というところですが、それは単純に腸内環境が悪化しているからです。更に具体的に言えば善玉菌が少なく悪玉菌が優勢な状態になっているからです。

腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がいます。
腸内では常に、この2つの菌が縄張り争いをしています。
そして「悪玉菌」が優勢な状態になると、便が溜まり、便秘になってしまうのです。
ですので、腸内を「善玉菌」が優勢な状態にすることが重要です。

善玉菌は腸の働きをスムーズに促進してくれる成分ですのでこの善玉菌が少ないと結果として便秘になってしまうというメカニズムです。従って、この善玉菌を増やす為にヨーグルトやオリゴ糖は効果的な食品として取り扱われるのです。

オリゴ糖の摂取目安

オリゴ糖便秘改善に良く効く効果的な食品と言えば、オリゴ糖です。このオリゴ糖は通常の食べ物などにも含まれておりますが、食べ物に含まれているオリゴ糖は少なく、便秘になってしまっている人が便秘を改善しようとした時にはオリゴ糖の摂取量が少ないです。オリゴ糖を便秘解消の為に摂取するのであれば、やはりオリゴ糖単体で販売している粉末タイプや液体状タイプのオリゴ糖を購入して摂取することをおすすめします。しかし、そのようなタイプのオリゴ糖を購入して、実際にどの程度のオリゴ糖を摂取すれば良いかはなかなか素人の人には分からない部分がありますので、今回はそのオリゴ糖の摂取目安についてみなさんにご紹介させていただきます。

結論から言うと、オリゴ糖の摂取量は1日3~5g程度の摂取が望ましいと言われています。ただしこれはあくまでも成人の方の摂取目安で、お子様など便秘になりやすいと言われている子供の摂取量は成人よりも少なく、1歳くらいまでは0.5g、1歳を過ぎてからは2g程度を目安にすると良いでしょう。お子様に摂取させる時に気になるのが、オリゴ糖は安全な食品なのか、というところですが、オリゴ糖は安全性が高いのでたとえ目安摂取量よりも多く摂取してしまって特段問題はないです。ただし、オリゴ糖だけに言えることではありませんが、摂取量が多いと返って逆効果になってしまいますので、その点だけは注意しましょう。

オリゴ糖と便秘の関係性

便秘改善便秘改善に効果的と言われているオリゴ糖ですが、そもそもオリゴ糖とは一体どういうものなのでしょうか?甘いイメージなど人によってさまざまなイメージがあるかと思いますが、今回はオリゴ糖とはどういう成分なのかを皆さんにご紹介させていただきます。

まずオリゴ糖とはその名前の通り糖と呼ばれるもので、その糖の中でも糖が数個結合したものをオリゴ糖と言い、2つが結合した二糖類や3つが統合した三糖類、4つが統合した四糖類などがあります。人の健康維持に欠かせないものの一つに腸内細菌があります。オリゴ糖は、胃や小腸で消化液や消化酵素によって消化吸収されることなく、大腸に達してビフィズス菌の栄養素となり、繁殖を促進する効果を持っています。従ってオリゴ糖を摂取する事で腸の働きが促されるため、オリゴ糖は便秘解消にとても効果的な食品と言えるのです。

オリゴ糖は体内に消化、吸収されない特徴があり大腸まで届きます。大腸に届いたオリゴ糖は善玉菌のエサになって、善玉菌の働きが活発になり、活発化したことにより腸の働きが促されます。善玉菌が増えることで腸内の環境を良く保っていると、そもそも便秘にならない体になり、それはいわゆる便秘の予防にもつながります。そして便秘予防だけでなく、腸内環境が良好になるので便の臭いも軽減されていくという効果も期待できます。またオリゴ糖のほとんどは、食べ物に含まれている成分なので、安全性が高く、便秘になりやすいと言われる赤ちゃんや妊婦さんでも、安全に摂取することができます。